コラム

【伝統芸能を身近に!】ARTS COUNCIL助成金(伝統芸能体験活動助成プログラム)

2024.02.21[事業支援]


ARTS COUNCILのほかの助成プログラムについては
こちらのコラムでご紹介しています。

東京芸術文化創造発信プログラム
芸術文化による社会支援プログラム
地域芸術文化活動応援プログラム

芸能文化魅力創出助成プログラム



【伝統芸能をルーティンに!お稽古ビジネスをサポート】

こんにちは。西新宿の行政書士、田中良秋です。
エンターテイメントの取り組みを
サポート展開中の、

ARTS COUNCIL(アーツカウンシル)助成金
各助成枠がラインナップされ、
続々とグランドルールが公開されています。

今回ご紹介する助成枠は、


伝統芸能の振興の一環として
どのような方に対しても
伝統芸能に触れていただける活動

お稽古ごととして伝統芸能を浸透させる活動

といった取り組みをサポートする、

伝統芸能体験活動助成プログラム

です。

マニアックで敷居が高い
との印象を持たれがちな伝統芸能活動を、
この助成制度を活用して
日々の日常に根差し、さらに活きる文化ビジネス
として定着につなげていただけます。

※東京都外の地方を対象事業とした
 ARTS COUNCIL助成プログラムもございます。

 ⇒
当事務所までご相談ください。




【伝統芸能体験活動助成プログラムとは】

アーツカウンシル東京が展開する
伝統芸能体験活動助成プログラムとは、


伝統芸能の振興を図ること
を目的とし、
伝統芸能のおもしろさを体感する機会の提供
伝統芸能が暮らしの中に根づき
日常的にお稽古に通う方の拡充へとつなげる

ため、
初めての人でも
伝統芸能のさまざまな種目に入り易く
継続的に自ら実技体験ができる事業

において
東京を拠点とするエンタメ団体が負担する
活動経費の一部をサポート

するものです。






【伝統芸能体験活動助成プログラムのグランドルール】

伝統芸能体験活動助成プログラムは、


短期=1年の事業をターゲットに、
今年1回公募となります。



<対象ジャンル>
伝統芸能体験活動助成プログラム
の助成ジャンルは、

日本の伝統芸能として認知される
次の8つとなります。
昨年度とくらべると、
華道・茶道・書道が
新たに対象ジャンルに加わりました。


※特定エリアで継承されている
 無形民俗文化財(民俗芸能・風俗慣習)は対
 助成対象外なります。


<助成対象者>
東京芸術文化創造発信助成プログラム
の助成対象者は

都内に本社や拠点がある団体
となっています。



このプログラムで定義される

団体は、法人格の有無は問われませんが、
次の要件をクリアすることが必要です。



<助成対象事業>
都内でにおこなわれる
日常的なお稽古ごとの拡充へと
つなげるきっかけ事業

で、
次の要件が求められます。

オンラインの活用にあたっては
リアルタイムは助成対象外
となりますが、
都内実施の事業に補足的な活用方法
であれば評価対象となり得ます。

当事務所までご相談ください。



また、
助成対象事業の実施期間が定められています。

対象実施期間から外れる取り組みや
発生経費は助成対象外

となることに注意しましょう。



一方、
次のような事業は
助成対象外となります。





<助成金額、助成率>
採択決定した申請者は

MAX100万円
助成率はMAX1/2

までサポートが受けられます。



<助成対象経費>
次の経費が助成対象となります。



一方、
次のような経費は
助成対象外となります。



<申請>
オンライン申請
申請できる事業は1件

となります。

いかなる理由であっても
郵送や持ち込み申請は認められない

ことに注意しましょう。
また、

申請受付
3月1日10:00スタート

5月8日18:00が申請締め切り

となり、
今年度はこの1回のみのチャンス
となりますので、
お早めに申請準備をされてください。






【伝統芸能体験活動助成プログラムの審査】
1次審査にて
事前調査や外部有識者の意見をふまえて
審査されます。
審査期間は、
およそ3か月半を予定しています。



伝統芸能活動体験助成プログラム
において、審査上重要なのが

プログラム内容
広報
運営体制

の3要素であり、
それぞれの充足度がチェックされます。


※上記一覧にチェックがない要素であっても
 なくてもOKというわけではなく、
 個々に審査、評価されます。





【採択されそうな事業は?】

日本の伝統芸能というのは、
奥ゆかしく凛としたイメージが
思い浮かぶのではないでしょうか。

そんなジャンルをお稽古ごととして
私が助成が見込めると考える事業は、

東京に軸を置く団体が東京でおこなう事業
という前提条件はもちろん、
やはり、

経験者や上級者だけでなく
ビギナーさんやハンディキャップを持つ方
でも入りやすく
進んで体験したくなる体制が備わって
お稽古ごととして定着していける事業

でしょう。





【今年の申請チャンスは1回きり!お早めに!】

今回ご紹介しました
伝統芸能体験活動助成プログラムは、
日本の伝統芸能が
真の意味で、私たちの暮らしに根付き
ライフルーティン化していける事業を
サポートしてくれます。


体験してみたいけど難しいんでしょ?
予備知識とか経験がないとダメなんでしょ?

体験したい気持ちがありながらも
こんな気持ちでいらっしゃる未来の生徒さんを
そっと後押しもしてくれ、
ひいては日本の伝統芸能の振興を図る
ことを目指す、そんな制度でもあります。

今年のこのサポートプログラムは、
公募が1回のみとなっておりますが、
申請期限の5月まで
十分に時間はありますので、
要件にフィットするお取り組みを
ご検討の事業者さまは、
今この時期から準備をお進めください。

WINDS行政書士事務所は
ARTS COUNCIL助成金をはじめ、
エンターテイメントに関連する
各助成金、補助金申請において
幅広くサポートさせていただいております。
採択実績に裏打ちされた専門家のノウハウを
是非ご活用ください。